庵治石
別名“花崗岩のダイヤモンド“
世界に類のない質の高さをもつ日本の代表的な銘石。
名称 庵治石
色系
石目 細目
等級 極上
産地 香川県の北東部・庵治地方の八栗五剣山山麓
※中国産の石を「庵治石」と言って販売する業者もあるようですが、本物の庵治石は上記の産地のみのものです。
歴史 約400年前、豊臣秀吉が大阪城築城のため、石垣用石材の調達指示が讃岐に下ったのが始まりとされています。
質感 しっとりと潤いある石目、「キメの細かさ・光沢・重量感」と三味一体となった風格は、類をみない最高級石と讃えられ、墓石をはじめ灯篭や彫刻にも使われてきました。
色合い 黒雲母が緻密に入り、まだらな地模様に濃淡が美しく浮かび上がります。
耐久性 水を含みにくい性質のため、風化や変質に非常に強く、200年は彫られた字が崩れる心配がありません。
変色も少なく、艶も長持ちします。